あなたに最適なウクレレ教則本が見つかるリストを作ってみたよ(2016上半期)

※この記事には2017年の補足最新版がございます。合わせてお楽しみください。

本日は、気がつけば77冊も所持していた(バカ)ウクレレ教則本と楽譜本から、難易度や進捗に合わせた「厳選の1冊」を紹介します。

ウクレレパパは楽器未経験からウクレレに独学で入門しました。

理由は「ウクレレ教室には行きたくない!!」と。まあ実際は、育児の兼ね合いもありますし「みんなでポロポロ~ん」ってなんか違う気もしての事でした。その代わりにウクレレの関連書籍を買い漁る事で「これなら上達する!!」と言う勝ちパターンを発見し、めでたく中級者になりました。そこに投資した金額は正直考えたくもないのですが(笑)結果が付いてきたのでオーライです(本当かよ)。

でまあ、事情は色々あると思うんですけど、僕みたいに「ウクレレ教室には行きたくない」って人いると思います。せっかくこういうサイトを持っているので、今日は2016年上半期で購入出来るウクレレ書籍の中から「これを買うと幸せになれるよ」という本を目的別に紹介したいと思います。ちなみに友達に紹介する感覚で書いているので「上手くならなかったじゃねえか!」というクレームには対応しません(><;(笑)

実は、僕は今でも新しい書籍が出たら必ず本屋で立ち読みをし、モノによっては購入して熟読しています。ぶっちゃけ手前味噌ながら「日本で一番ウクレレの本を(素人目線で)読み漁っているんじゃないか?」と思うのですが(笑)まあ、「自称、ウクレレ書籍ソムリエ(何だそりゃ)」として「ソロウクレレを目指す」あなたのヒントになれば幸いです。

では、早速行ってみましょう。

ソロ入門書なら圧倒的にコレを勧める!

begin

まず、2016年上半期での入門軸のベストチョイスですが(僕がこの本で上達したからと言うのもありますが)オススメはやっぱり佐藤雅也氏の「ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本」です。この本、著者ご本人様からも聞きましたが、結構なベストセラーになっているとの事で、その実績は僕も素直に、ひいき目なしで「まあ、この内容ならそうなるわな」と思います。ちなみに、1の黄色と2の赤がありますが、1の黄色が圧倒的に売れている様で重版もかかって入手はしやすい様です。赤はもしかしたら絶版かもしれないですね。元々同じ様な方向性で作っている本なので「2がないからアウト」って事は全くありません。むしろ1のみで成立します。

この本(ソロウクレレを~)を3章までしっかり勉強すれば、次に紹介する「弾いて格好良くてしかも楽しい」楽曲を演奏できる様になります。そうですねえ、おそらく最短で2ヶ月くらいみっちりやれば行けると思います。僕がルパン三世のテーマを最初に演奏したのが67日目くらいだったので、まあそんなものでしょう。

とりあえず、本当に基礎的な事を学んで、弾き語りかもしれないし、、という事であれば「はじめよう!ウクレレ」もアリです。これと入門系のTab譜を拾うだけでも「ほんの遊び程度」にはウクレレに触れられると思います。DVDではマイティ・ウクレレは結構「やる気」の出る映画です。ウクレレの素晴らしさが詰まっています。

▼オススメの書籍
・【ウクレレ本 評価】No.001 ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本
・【ウクレレ本 評価】No.013 はじめよう!ウクレレ弾ける!30曲レパートリー(CD付き)

 

基礎力を付けたり左手を動くようにするならコレ!

training

これもほぼ不動で、オススメの地位を守っていますが、トレーニング系の書籍は入門系の書籍に合わせて購入した方が良い書籍です。キヨシ小林氏のでも「もっと~」でも良いですが、個人的には「もっと上手くなりたい人のためのウクレレ・トレーニング」を重宝しました。また、「そもそも、持ち方がわからない」とか「どの辺りをストロークするのが正しいの?」などの初歩的な疑問は「100の裏ワザ」を読むだけでだいぶ無くなりますので、こちらもオススメの書籍です。

▼オススメの書籍
・【ウクレレ本 評価】No.006 もっと上手くなりたい人のためのウクレレ・トレーニング
・【ウクレレ本 評価】No.007 ウクレレメソッド 各指のための効果的トレーニングブック
・【ウクレレ本 評価】No.002 ウクレレ上達100の裏技 

演奏が出来るようになったらドリームミュージック系を攻略!

books

100日目くらいの私がそうでしたが、ドリームミュージックから出ているの勝氏、KYAS氏あたりの譜面は、完成度が高い譜面でありつつも、難易度的には「ふつう」なものが多いので「黄色の本を3章まで終えて、幅を広げたかったらドリームに行け!!」と公言してみます(一部違うのもありますが)。特に勝氏のウクレレ・スタジオジブリなんかはかなり入りやすいですね。ここで「ルパン三世のテーマが良い!」というならば迷わず「ウクレレ・大人のアニソン」です(笑)

▼オススメ書籍(例)
・【ウクレレ本 評価】No.003 ウクレレ大人のアニソン
・【ウクレレ本 評価】No.004 ウクレレスタジオジブリ ウクレレ1本で奏でるジブリ名曲集
・【ウクレレ本 評価】No.010 ウクレレ映画音楽

Low-Gを極めたい!!

lowgbooks

ウクレレにはLowという弦の張り方があります。Low-Gに入る場合は(ソロウクレレ~と併用して)教則本を増やして対応する事をお勧めします。Low-Gを選択するとジャカソロは出来なくなるという二者択一なのですが、いわゆるJ-POPなんかはLow-Gの方が有力なので、選択肢としてはありですかね。ちなみに「どっちが流行っているの?」はHigh-Gだと思います。これは世界レベルでそういう感じっぽいかなと。ただ、Low-Gも最近は専用の譜面がありますし、Low-Gの最高峰は「中村たかし氏」だと個人的には思っておりますので、かなり骨太の楽曲が多数あることも事実です。

入門のオススメは関口氏の「やさしいウクレレソロ入門」ですね。楽曲の選定もいい感じです。そのあとはドリームミュージック系の「Lowでも行けますよ」的な楽曲をこなしつつ、最終的には「極上アレンジで弾くソロウクレレ・スタンダード」や(私は購入していませんが)その後に出た「極上アレンジ」の青い本なんかが良いんじゃないかなと。

余談ですが、中村たかし氏の「誰かに聴かせたくなる~」シリーズは市販されている書籍では、Low-G最高峰(一部Hihg-Gもあり)の難易度と仕上がりの格好よさを持った書籍だと思います。ただ、一つ重大な問題があって「絶版」なので、定価で見つけたら迷わず抑えてしまいましょう。

takashi

▼Low-Gオススメ書籍
・【ウクレレ本 評価】No.012 やさしいウクレレソロ入門
・【ウクレレ本 評価】No.015 極上アレンジで弾くソロウクレレ・スタンダード


High-Gでの高難度書籍はコレ!

solohigh

ドリームミュージックの譜面が「いけるいける!」となってきた方には2つの道があります。

(1)より数多くの曲を難易度の高いアレンジで挑む
(2)ジャカソロへ進む

まずは、1を選んだとして現行で購入して面白いのは「JAZZアレンジで楽しむソロ・ウクレレ映画音楽集」ですかね。人気のカントリー・ロードなども入っていますし「指つりそうなんですけど!!」とかなりながらも演奏できた時は心地よい達成感に包まれるでしょう。

最近出版された本では名渡山遼氏の「ウクレレ・プレイヤーズセレクション」も良い感じです。まだ、私自身は軽く触っている程度ですが、程よい難易度と完成度ですね。個人的にはミスチルの「Sign」がHihg-GLow-Gのどちらでも行ける形で収録されているのは嬉しいです。

shirabes

忘れてはならないのが大橋英比個氏の「ソロ・ウクレレのしらべ」シリーズですね。実は4種類あるのですが、図の左の2種は絶版なので相当入手困難です。すごくいい曲入っているんですけどねえ。。この人の本は心待ちにしています。今なら、右の2冊が面白いと思います。

▼高難度のソロ譜

・【ウクレレ本 評価】No.024 ウクレレ・プレイヤーズ・セレクション
・【ウクレレ本 評価】No.022 ソロ・ウクレレのしらべ
・【ウクレレ本 評価】No.016 ジャズアレンジでたのしむソロ・ウクレレ映画音楽集 (CD付)

いざ、ジャカソロ!!ならコレだ!!

jakasolo

はい。昨今のマイブームですが、ジャカソロに挑むに当たってはだいぶ書籍や情報が充実して来まして、素晴らしいことでございます。いまこの中から1冊選べって言われたら(まあ、曲目で選んでも良いんですけど)、挫折し難いって意味ではスンゲー分かり易くなった「ウクレレ・ジャカソロ2」が頭一つ抜けていますかねえ。次いで「ウクレレ・ジャカソロ塾」のDVDは、見るだけで絶対に上達が早くなると思うので、これはしっかり見たほうが良いかも。このジャンルが今後伸びそうですし、まあ「うまく聴こえる」ってのもあるので人気出そうな気がしています。書籍の方は、全部持っていても別に良いんじゃないかと思います。

▼ジャカソロでオススメの書籍(とDVD)
・【ウクレレ本 評価】No.021 免許皆伝!ウクレレ・ジャカソロ塾 (DVD)
・【ウクレレ本 評価】No.020 ウクレレ・ジャカソロ
・【ウクレレ本 評価】No.023 ウクレレ・ジャカソロ2
・【ウクレレ本 評価】No.019 名人カマテツのウクレレ一本勝負 究極のウクレレソロ ジャカソロ

余談

技術向上という意味では、上記の書籍のいずれかがドンピシャになると思います。「リズム感の向上」を志すなら「ソロウクレレを誰でも~」にメトロノームをかませて演奏したり「ギターが下手の90%はリズム感」を読むと「同じテンポで演奏する」というのが掴みやすくなるんじゃないかと思います。

という事で長々と紹介してきましたが、よくもまあ77冊、4枚のDVDを集めたものです。中古で購入したりしたので、一部定価ではないにせよ、これで上達してなかったら「猛省してください」と妻に言われても返す言葉がありません(笑)私のようなアホをこれ以上生まないためにも(笑)是非、この記事をご活用ください。

▼余談に出てきた書籍
・【ウクレレ本 評価】No.18 「ギターが下手」、原因の90%はリズム感 リズムの向上が実力と評価をプロ・レベルに変える!

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016-2017

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.