【ウクレレ本 評価】No.024 ウクレレ・プレイヤーズ・セレクション

【タイトル】
ウクレレ・プレイヤーズ・セレクション
[おすすめ度] 2.5/3
★★☆
・内容(質):3/3
・内容(量):3/3
・譜面:2/3
・選曲:2/3
・付属CD:あり
【著 者】 名渡山 遼
【出版社】 ドレミ楽譜出版社
【ジャンル】Tab譜本(ソロ)
【推奨レベル】中級者〜
発行:2016年4月 定価:2,500円

▼評価
2016年度1発目の中級者向けソロ譜な気がしますが、相応の難易度を持って登場してくれた中級者前後向け〜の譜面。ある程度実力がないと、それっぽく弾けなさそうな楽曲(譜面)な一方で、曲調は全体的にバラードと言うかゆっくり目な選曲が多いので(特にイージーな前半は)、しっかり取り組めばある程度はついていけるイメージ。全体的には「じっくり聴かせる演奏」をしたい人にはオススメな感じの選曲が多い印象。とにもかくにも「やさしいウクレレ本」に食傷気味の人には「アリ」な一冊。ジャカソロとは違う方向性で「しっかり」演奏が楽しめます(とは言え、後半に進むにつれて難易度鬼にしか聴こえないですし、速くなりますが)。

▼まとめ
個人的には演奏を動画にするかは未定だが、どこかでは取り入れる予定。サンプル音源のCDや譜面の難易度からすると、概ね中級者以上なら問題ないが、苦言を呈するなら、「なんか選曲があっちゃこっちゃ行ってるなあ」という感じ(「セレクション」の名の通り「良いとこ取り」と言えば聞こえはいいが)。ハワイアンがあったかと思ったら洋楽に行ったり、ジブリに行ったり、ミスチルに行ったり、、、こういう譜面の作り方をすると曲の好みの兼ね合いで「全く弾かない楽曲」が出来てしまうから、ある程度「何かのジャンルに特化」して欲しかった。とはいえ「名渡山 遼」氏の譜面はこのくらいのレベル感なんだな。と言うのは掴めたし、個人的には継続して購入を検討したいリストに入った。

あとは譜面で大きな問題がひとつ。High-GとLow-Gでしか弾けない楽曲が混ざっている。これがすごく残念。「今時この構成かあ」と思ってしまう。これだと一般人は素直に半分弾けなくなります(良いウクレレ2種類も持ってない事の方が多いです)。と言う事で、その辺りを減点。リストだけだと(中身を見ないと)弾きたい楽曲が弾けるとは限らないので注意。この2点は次回の1冊では修正してほしいポイント。

▼この楽譜で演奏した曲目と日数
未定

▼今回紹介した書籍

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.