カマカをアンプ経由で録画して気づいたアンプのメリット・デメリット

以前、レッスンの際に佐藤将也先生から「結局は生音が一番良いのですが、人に聴かせるならアンプが必要になる」と言うくだりの話を聞いた時、あんまりピンと来なかったのですが、今回、Kamakaをアンプを経由して演奏してみて「ああ~なるほどなあ」と思ったので記録します。

まず、今回ウクレレをカマカのコンサートに変えて理解したこと。

コンサートサイズの丸腰のウクレレ(生音)は音量が出にくいですね(苦笑)

GodinMultiUkeはテナーサイズだったので生音がある程度ボーンと出ていたのですが、カマカのコンサートでそれをやろうとすると(今の私だと)ストロークを強めに入れることが解決策になり、しっかり弾こうとするがゆえに、結果ジャカソロのスピードが殺されています。

それは期せずとも572日目の苦戦した「コーヒー・ルンバ」で表現されています。

生音の演奏(コーヒー・ルンバ)

かなり頑張って弾いていますが、そもそも上手に聴こえません(笑)

そして、これだと生演奏をしようとした時は、周りが「相当静かに聴こうとしてくれていないと」音が届かない事は間違いありません。飲み会の余興とかで演奏する状況がそんな風になる訳もなく。

そこで同日の夜に、ためしにカマカをアンプを通してみたところ。

・・・100倍ラクに演奏出来ました(笑)(いや本当に)。

普通に弾いたらアンプから音がドン!と出てくれるので、軽く演奏すれば良い。余計なことに気を回さなくて良いので、演奏が思い通りなのです。だからテンポも簡単にあげられる。結局、一発撮りで終わってしまいました。

同じ曲をアンプ経由の演奏(コーヒー・ルンバ)

よく聴こえます。綺麗に聴こえます。流石アンプ経由です。ばんざーい(笑)

でも、その代わりにカマカにあるはずの「コロコロ感」がだいぶ薄いです。
アンプ側をかなりいじって「生音に近づける」方向で調整したのですが、ある程度の限界を感じます。

つまり、これがテナーサイズ(GodinMultiUke)をメイン持っていた時には気がつかなかった「結局は生音が一番良いのですが、人に聴かせるならアンプが必要になる」の正体なのだろうなと思います。真にカマカ「らしい」音を知るには生音なのですが、聴かせる折にはアンプを通さないと限界がくるのでしょう。

録音環境はそもそも結構頑張っているのですが、お金をかけすぎない程度に(笑)「生音とアンプ経由の良いところどり」が出来るような音作りを出来ればなあと思います。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.