ウクレレレッスン.008 メトロノームを「使わない」足踏みリズム練習

受講日:2016/06/25

今回のレッスンでは私の方から3曲を持って行きまして、

(1)ルパン三世のテーマ
(2)不思議なじゅもん
(3)ホールニューワールド

と言う構成で披露してきましたが、やっぱりこの順番通りの練習量となっていたため、後半にいくにつれて完成度は下がってしまいました。

先生からご指導いただいた温かいお言葉を私の直球和訳しますと、
「ウクレレパパさんのジャカソロとソロにレベル差がありますね」となってしまいまして(笑)

時に私の場合、ジャカソロがだいぶ習熟されていく一方で「しっとり」と聴かせる方向性が弱いとのこと(自覚あります)。そこで、ここを埋める新たな中級者の練習法として「リズムを足で取る」という方法を学んできました。

この練習方法、一見すると「メトロノームじゃないの?」となりそうですが、まさかメトロノームを常に用いて演奏をする訳もなく、たとえば人前でいつか演奏するとなった場合は、無音の中からリズムを生み出さないといけません。

そこで、椅子に座って「イチと、ニと、サンと、シイと」と足のつま先で軽く地面を叩くことで(ちなみに数字の部分で叩いて「と」の部分(ウラ拍)では上げます)リズムを作り出します。そのリズムに乗せて、ホールニューワールドを弾く訳ですね。

これ、初心者がやると「演奏」と「足のリズム」のどちらかを気にし過ぎてしまい演奏がグチャグチャになります(笑)ですので、そういう人はまず、足のリズムをメトロノームに任せてリズム作ってもらい、曲を乗せる訳ですね。

一方で、体の中に一定のリズム・テンポが作れるレベルの人は、今度は自分だけキチンとリズムを生み出して、そこに楽曲を乗せるということをします。なんなら、最初は「イチと、ニと、サンと、シイと」とつぶやいても良いと思います。

どんな楽曲でもこのリズムの中に基本的には収まるそうなので「しっとり楽曲」のレベル向上のために頑張ってみます(という事で早速「ホールニューワールド」を始め、私のスロー系楽曲ではこの練習が取り入れられています)。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.