ウクレレ上達が加速する!ワークショップやレッスンの突破力が凄い

まず失礼を承知ながら素直に感想を述べさせていただくと、

「流石プロです。。お見それしました」とため息しか出ません。

はっきり言います。1年目の独学はまだしも。2年目にレッスンに転換しなきゃ絶対こんな伸び方していません(と、自分で思えるくらい実力が付いていることを実感しています)。

どこのタイミングかは置いておいて、シッカリした目的意識の上では(それが個人であれ、集団であれ)「レッスンは最強の武器となるんだな」と、しみじみ感じています。

今日は私の経験談からその話をしようと思います。

基礎を教えてくださる佐藤氏もルパンの演奏に特化したワークショップを開催した勝氏もそうですが「やっぱりプロ凄いなあ、、」って毎回思います。ウクレレ初めて2年目の素人のペーペーを捕まえて「聴かせる演奏」に引き上げるんですよ。もう神の所業にしか思えません。。はあ、いい師に出会ったなあ(感涙)

という訳で「ルパン三世のテーマ」全3回のワークショップを終えての演奏

今回、ルパン三世のテーマ1個を取っても「独学」でエフェクトかけまくって(ごまかして)いた1年目から約1年。この1年で、演奏がボンボン変遷しています。

ルパン三世のテーマ(独学時)
67日目(独学、書籍のみ)
153日目(独学、書籍のみ)

まあ、これはこれで当時の精一杯です。
否定されるものでも当然ありませんが、やっぱり(当時は気付きもしなかった)独学の壁が迫っております。

この後200日目からジャカソロに入って、100日ほど頑張ったのち、ひたすら書籍の譜面を演奏することに限界を感じて、もがきました。「もっと上手に演奏したいけど、どうしたら良いか解らない」って完全に「上手くなる方法」を見失っているんですね。

特に「ルパン三世のテーマ、勝氏アレンジ」はウクレレを始めた当初から「いつかこれを演奏するんだ!」って標榜していたものです。でも、譜面も演奏方法も何処にもないので「どうしたら良いか解らない」とこれも見失っていました。

でも、やることが無いかというと、そんな事はなくて佐藤氏にコツコツ基礎を教わって、メトロノームを使った練習を取り入れ、テンポを同一で刻んだりする事を体に叩き込んでいたら、今回、奇跡のハードワークショップ開催です。キワヤ商会さんバンザイです。

正直、集団レッスンは「どうなのかなあ」と不安いっぱいでしたが「ハードワークショップ」と「中・上級向け」を謳っていたこともあって内容が凄くしっかりしていました。

自分でもビックリしたのは3回のワークショップで、ちゃんと毎回成長があった事です。もちろん、合間ではシッカリ練習を積み上げているんですけど、シッカリ復習していくと「ああ、そこのそれ知りたかったポイントなんです」って、そのハマり具合が本当にすごい。プロが自分の演奏譜面を、ほぼアレンジそのままで出してくれるのって手品のタネあかしもらっているのと、きっとほぼ一緒で、ものすごいプライスレスの価値があることなんだろうって思います。

しかもオンラインを活用したアフターフォローの充実が凄くて「あの時のアレが解らなかったです」が解消されるのもまた凄いんですよね。

ルパン三世のテーマの変遷(ワークショップ中)
・ワークショップ後に演奏の手元を確認していた初回の動画(当サイト限定)
3月を終えて384日目の演奏
4月を終えて403日目の演奏
4月後半の410日目の演奏

毎回、「もうこれ以上はそうそう伸びないだろう」って思いながら演奏やっています。でも、グングン伸びるんですよね。ここがもう感動します。こうやって動画で「戻れない過去の自分」と比較出来ているからその差が見えるんですが、きっと「同僚がいつの間にかダイエットしていたけど、過去の写真を見せられて初めて気がついた」的な、毎日コツコツやった上での成果って見えにくいんだと思います。

ただ、もちろん100人いたら100人伸びるかって、それは相性とか、何よりも「本人のやる気と練習量」と言うのがあって、ただし、それがあれば間違いなく先生方は「伸びる方法」を惜しげもなく提供していくれているんですよね。

だから、冒頭に戻るんですけど「お見それしました」って思いながら、今後もそういうチャンスがあればどんどん生かしていきたいと思いますし、皆様にも上達を志すならば「必要なレッスン」を「目的意識を持って受けること」を強くオススメします(逆に言うと、最初の方は独学で行き詰まるまでやっても良いんじゃないかって思います)。

とりあえず、こんなに素敵な(自分が満足出来る)演奏をできるようにしてくれた先生方に心から感謝です。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.