ウクレレレッスン.004 ソロの運指(替え指とガイドフィンガー)

受講日:2016/01/29

今回のレッスンでは選曲もある程度大事になると見越していて、高難度のジャカソロからThriller、キッチリこなす必要があるMy Favorite Things、評判が良かったLet it Beなど、ある程度方向性を幾つかに分けて持ち込みました。

前回学習したストロークの課題はある程度解決し始めていて、ストロークが原因による「音が粒にならない」問題は自分で思っていた通り改善されました。それでもまだ僕の演奏する昨今の曲目には「情緒」と言いますか、上級者のような「音の繋がり」がありません。なんでだろう?と色々聞いていて今回見つけたのが、替え指とガイドフィンガーの話です。

コード!と言われた時、またはTabの運指が表示されているものを教科書通りに抑えると、その通りに演奏ができます。でも、それだと局所局所のみを捉えているから、曲全体としてみた時に、音がブツブツと切れるんです。声で例えると

「さ〜い〜た〜、さ〜い〜た〜、チューリップーのは〜な〜が〜」

と、自然に歌うところを

「さ、い、た〜、さ、い、た〜、チュー、リッ、プ、の、は、な、が〜」

みたいに最後に伸ばすところ以外がブレス(息継ぎ)が入っているみたいになっている。

なぜか?

これ、答えから書くとこの歌でいう「句読点」の部分でフレットから左手をいちいち離してしまっていたんですね。

具体的に書いてみましょう。例えば、「7555」があって5をセーハしたとします。そうすると1弦の7に自然にあてがうのは「薬指」ですよね。
では、次の音の運指が「5575」だったらどうするか?

今までの僕なら1弦の薬指を「離して」3弦を押さえなおしていました。

でも、それでは音が切れてしまいます。こればかりは気合いではどうにでもなりません。

最初の音の余韻を残したい場合は、次の「5575」を見越して、最初の「7555」で(薬指を置かずに)小指を1弦に置きます。そうすると、次の音は余った薬指を3弦に置くと同時に1弦の7を外せば、音の余韻をギリギリまで引き付けることができる。

この時の動作は「完全に音のつながりを意識している」のがこれまでとの大きな違いです。

つまり「なぜ数字を演奏しているように聞こえるか」になっていたかというと「その刹那の運指だけを完璧にするから」だったんですね。曲全体で捉えた時は「教科書に載っていない」運指の押さえ方をして「音を繋げる」方が成立ケースがあると。

このように本来教科書的にされている運指の指を音の繋がりのために変えることはソロでは当たり前の事だそうです。ううむ、知らなかった(笑)

また、類似の処理で、ある指だけをその弦に残して、次の音のためにスライドさせたりするガイドフィンガーという動き(例:5354→3111→5354の時に1弦に小指を置いたまま滑ら続けると運指が残りの3つでよくなるし、音も切れない)も教わりました。

で、僕なりにまとめてみると要するに音を繋げるコツは「うんてい」(ってわかります?)の意識だなあと。公園とかにあるブラ下がる横向きのハシゴみたいなアレです。あれって、前に進むために片手は離しますけど、もう片方の手はしっかりうんていを握っていますよね。離すと地面に落ちてしまいます。

あれをフレットに置き換えると分かりやすくて、つまり「必ずどこかの指が残っていると残響は残せる」って事だと思うんですね。もちろん、曲の構成上「どこかで外さないといけない」とか、音のつながり上で「切ったほうがいい」とかケースバイケースではあるのですが「ソロの運指は、基本的に指を残すんだ!」という意識を持って音を繋げられるように頑張りたいと思います。
※ちなみに基本の運指が出来てないとはちゃめちゃになるので、慣れないうち(初心者)にはオススメしません。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.