ウクレレ上達を加速させる「準備」とは?

※この記事はウクレレ開始から185日目に執筆しました

ウクレレの練習が進行するにつれ「出来る範囲」というのは少しずつ広がっていく。様々な楽曲に挑んでいると、毎回何かしら「発見」やら「挑戦」があって、それを超えた事で「次にできそうな事」が出てくる。

最初は自分の守備範囲が狭いので「出来る事」も少ない。正直、大量のウクレレ楽譜本を持っていても挑む事ができない。一冊の本でも拾える曲には「限り」があって、少ない選択肢の中から選ぶ事になるからだ。

しかし、これは「宝の持ち腐れ」では断じて無い。この時に数多くの楽譜に触れ「付属のCDを聴き込む」などして、漠然と「いつかコレを弾きたい」リストを自分の中で作っておく事は後々大きく響いてくる。

たとえば、 あるタイミングを超えて、達成感を得ると「弾きたい曲が無いなあ」と一瞬はなりかける。しかし、ここで先述の「リスト」があると「今なら出来るかも!」と蔵書から引っ張り出してくる事になる。僕の場合、最近はそればかりだ。

僕が思うに「楽器の習得の近道」は「弾きたい曲に次から次に挑み続ける事」だと思っている。この時大事なのは「矢継ぎ早に挑み続ける」事。歩みを止めてはならない。

人間とは弱いもので 弾き終わった後「間」が開いてしまうと、モチベーションが時間と共に下がってしまう。「鉄は熱いうちに打て」と言うが「次」と思った時に挑みたい曲を「自分の引き出しから出す」事は中長期的にも好影響を及ぼす。

だから、それが「今の自分にとって難しい楽譜」であっても、ウクレレの楽譜を持っておいて「いつか弾くぞ!」と思っている事には僕は「価値がある」と思っているし、みなさんにもこの「準備」をオススメしたい。

▼筆者が温めている楽譜の一例

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.