楽器未経験の親(私)が自分の子供を音楽好きにした方法

親ならば誰でも自分の子供には「芸の一つでも〜」と思うものです。それが運動寄りの方も教養寄りの方も、学問寄りの方もいらっしゃるでしょうが、総じて「その方が子供のためになるから」と思っての事でしょう。

ただ、これも度が過ぎるとかえって悪影響になりまして、そのあたりは「私が3歳の子供に楽器(ウクレレ)に興味を持ってもらった方法」にまとめてありますが、残念ながら子供と言うのは自分のコピーでは無いので「なりたかった自分を背負わせる」のは少し違うかなと個人的には思うわけです。少なくとも(単純に考えて)半分は他人(伴侶)の人格が入っているワケでして、自分を投影すると言うのも、おおよそ無理な話です。

ですので、私自身が1歳の娘に対してまず行ったことは「観察」でした。

私がウクレレパパになった要因のひとつは娘です。なんとなく、音楽に合わせ周りの子供よりもキャイキャイしているのを見て「この子は(弾くのか、踊るのか、歌うのか分からないけど)音楽が好きそうだ」と思ったのがスタートラインです。

ただ、ここで単純に音楽の玩具を買い与えると子供は「飽き」ます。いや本当に、人間って思い通りにいきません(笑)。まあ、仮にギターの玩具とかを渡しても「弾けないと意味がない」訳でして、だから親である私が弾いてやるほかありません。

「まず、やってみせる」と言う事です。

しかし、そこに英才教育をしようと言う心づもりはありませんでした。

ただ、個人的には「まあ、いずれ興味を勝手に示すだろう」と思っていました。論拠はそんなに無いのですが「自分に一番近い存在の親が音楽を楽しんでいる」と言う事実(日常)は何物にも代えがたいものです。「親が楽しそうにやっていた」ら、子供は普通は(1度は)勝手についてくるでしょう。それは幼少期であるほど強く影響を与えるはずです。なぜなら、純真無垢な幼児からすれば「パパが世界で一番楽器が上手い」と見えるからです。

とまあ、そんな生活を1年半もやっていれば、相当音楽が卑近にある子供になります。NHK教育の音楽番組「ムジカ・ピッコリーノ」をディズニーアニメより優先して食い入るように見ている様子を見つつ「おおむねいい方向だな」と思っておりました。

で、くだんの某音楽教室でリズムを合わせに行く様子を再度確認し「とりあえず良かった」と思います。

結局、つきつめると「子供のため」という親心も誤解を恐れず書くと、はたから見れば「親のエゴ」なんだと思います。もちろん、私もご多聞に漏れずです。

子供はそれを本能的に見透かすので、素直に自分が楽しんで背中を見せるほかありません。遠いようで、それが最も近道なのだと思います。

ちなみに、大人になってからであっても、楽器を演奏する事は「人生を豊かにするなあ」といまでも心から思っています。「子供と一緒に学ぶ」くらいの姿勢が案外一番いいのかもしれないなあと、最近思う事しきりです。

今日は、私の体験談からのお話でした。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.