ウクレレ勉強 450日目の感想「安い、簡単、独学可」なのに奥が深い楽器(まとめ)

楽器未経験から始めたウクレレの独学勉強。開始から450日が経ちました。2年目からは一部レッスンも加わりましたが、うーん、「なんだか気がついたらあっという間だったなぁ」と思います。もし、0日目のあの時の僕が「よし、頑張ってみるぞ!」と思っていなかったら今の自分がいなかったわけで、そう思うと決断して推進する事は、時として周りの人間を含めた人生をガラッと変えてしまうんだなと。先生を含めた出会った人もそう。当サイトを見て影響を受けたかもしれない人もそう。自分の人生で「個人」として他人に干渉していることのパワーの大きさみたいなものや、1年という時間の重みを最近感じています。

百聞は一見にしかず。筆者の足跡はコチラ
・楽器未経験者がウクレレを1年間(300日)独学で勉強してみた
・ウクレレソロ勉強 441日目 ルパン三世のテーマ’78

さて、現時点での私の実力値ですが、年始から地道に積み上げたレッスンとワークショップで1段階上にジャンプした感じかなと思っています。自分で自分の演奏を聴き返しても「良いかも」と思えるような演奏が少しずつ出来るようになってきました。無論「カンペキです!」からは程遠いのですが(笑)この半年は随分と実力が伸びた印象です。「継続は力なり」だと改めて思います。

思えば2万円くらいの初期投資でホイホイ始めて、独学で手探りの挙句、これだけズブズブはまって、実力も付いているのですから「ウクレレ、恐るべし」です。

今後目指す部分は、ここに来てもやはり(だからこそ、かな?)「基礎力の向上」です。しかも、難解な譜面を演奏するのでは無くて、中級レベルの譜面をしっかり弾く方に力を入れたいと思っています。なぜそうするのかと言うと、シンプルに「それが一番上達する」と思っているからです。

子供の前で練習していて思うこと
ところで、娘にリクエストをされた楽曲をウクレレで「ああでもない、こうでもない」と時折間違えながら日々練習をしていると、娘から「だんだん上手になって来たね」くらいの事を言われます。っていうか成長したのは娘でそんなこと喋れるようになったのかと唖然(笑)

本来であれば隠れて練習をし、その成果を娘にドン!見せつけられれば、それは格好良いですし、親としては(格好をつけたいから)そうしたい気持ちもありますが、いかんせん実力値と言うものがありますし、サラリーマンをやりながらですから、時間も限りあるわけで、結果、ちょっと滑稽かもしれませんがコツコツ娘(リクエストした本人)の前で練習しています。

でも、この状況は個人的には(親として)「凄く良い影響があるかもなあ」と好意的に捉えています。

と言うのも私は子供の頃に両親が「何かに黙々と打ち込んで日々鍛錬をする姿」と言うのを見た記憶が、ほとんどありません。子供の頃の私から見ると親と言うのはどちらかと言うと「万能な存在」であった事が思い返されます。

無論、そういう教育方針も良いと思うのですが、たとえば、今後子供に「毎日、コツコツ勉強する方が身につくよ」と言うようなことを伝えるタイミングが来たとして、いまの私がウクレレに打ち込んだ結果「演奏ができるようになっていく」という過程を日々見ている娘には、きっと「行動が言葉より雄弁に語っている」事で、私の言葉に説得力が生まれるんじゃないかなあとか思うんですよね。

まあ、希望的観測なんですけどね(笑)

と言うことで、子供のとのコミュニケーションも取れるこの素晴らしい楽器を、今後も頑張って継続していきたいと、450日間練習した今、思っています。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.