【まとめ】ウクレレ開始から180日目は「ゴール」のひとつ

僕は当初から「楽器で自分の好きな曲を楽しく弾けるまでの時間」が知りたかった。
ウクレレ開始から180日目はその「ゴール」に限りなく近いようだ。

それでは180日目の日常を簡単に説明しよう。

まず、2歳の娘が「パパ、ウクぅひいてー」とおねだりをしてくる。それは「パパ遊ぼー」と同じ調子で自然にやって来る。僕はそれに笑顔で応えられる。妻は僕の選曲を好まない事はあっても、ウクレレを弾く事にはスッカリ肯定的だ。最近は良く、課題曲の鼻歌を歌って家事をしている。曲のリクエストもある。

簡単な楽曲は手元を見ないで弾けるようになる。初級的なTab譜の曲ならば1週間あればある程度「サマ」になる。練習をすれば、やれルパン三世だの、トトロだの魔女の宅急便だの、カントリーロードだのを譜面も手元もさほど見ないで弾く事が出来る。

これがザッと180日目の景色だ。

ここに至るには、たぶん個人差がある。したがって、180日目に必ず僕と同じになる保証はどこにもない。しかし、僕は、そうなるには少なくとも「数年かかる」と勝手に思っていた(たぶん、これを読んでいる貴方もそう思っていたのでは?)

「楽器で自分の好きな曲を楽しく弾けるまでに1年は掛からない」

これが初心者が知りたかった素晴らしい答えの一つだと思う。

コンクールに出るなら話は別だが、30歳を過ぎた大人が目指す「楽器の演奏」の目的はこの段階で達せられたと言ってもいいだろう。僕自身は365日目や1,000日目の景色が見たいので今後も練習を続けるが、半年というのは一つの大きな区切りだろう。

1.弾きたい曲をある程度「楽しんで」何曲か弾ける
2.家族相手になら演奏会が出来る
3.手元やTab譜を見なくてもある程度弾けるようになってくる

そんな、初心者から見て「楽器が弾ける大人」になる節目。
180日目の景色をまとめとして記しておく。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.