ウクレレ上達を確実にするメモ活用術(動画付)

かねてから活用していたウクレレ上達のための役立つ手段だったのですが「そういえばこの話していないのか」と改めて気がついたのでこの話を。

みなさんご存知の通り、私はウクレレの日々の練習を日記に起こしています。まあ、ご想像は難しくないと思いますがl、実は本当に面倒くさい作業で(笑)ここだけの話、これまでに何度「あー、もーテキトーにつけて終わりにしてしまいたい」と思ったのか数え切れません(笑)しかし、それでも「いや、この日記には圧倒的な「3つの価値がある」と思って記録を続けています。

もちろん、「他人様に役に立つ」と言う価値もあります。でも、そう言う恩着せがましい(笑)話ではなくて「自分のため役に立つ」と言うのが実はすごく大きいんです。

メモを取るという行為は、要するに練習の「記録」兼「備忘録」です。何に取り組んで、どういう事を考えていて、どうだったのか。ともすれば「日報」に似ていますが、そういう記録を残す事で、翌日などがどんなに多忙だったとしても「あ~、昨日こんな感じだったな」とサッと練習のスイッチを入れられる。これが大きな価値を生み出しています。これが1つ目の価値です。

2つ目の価値はこの「記録」が溜まってきた時に発揮されます。それが「成長過程の振り返り」です。なんとなく、思いつきで見直したり「自分は本当に上達しているのだろうか」と不意に不安になった時に読み返すのです。そうすると、その頃よりも確実に上達している自分を記録と比較する事で見いだす事ができます。この結果、「よし、もう少し頑張ってみよう」というモチベーションが生まれるんですね。この効果も非常にポジティブに作用します。

そして3つ目。個人的にはこの3つ目の価値こそが「上達を確実なものにしている正体」な気がするのですが、一言で言うと、記録をつけようとすると「書くことがない」と言うことが許されなくなり、結果「日々の練習に目的を持つ」ようになります。これが相当大きな効果を生んでくれていて「なんとなく今日も触った。終わり」で終わらせない最強の工夫なんじゃないかと思います。

そうなると「目的を持って練習」「思ったことを記録」「読み返してモチベーションアップ」「次の目標設定」になるから綺麗に循環するんですね。もともと私は「ブログ的につけるから日記をつける」と言う方向性で動いていたのですが、最近はこの「記録をつける行為こそが上達のキモ」な気がしています。

と言うことで、誰かに見せる文章でもないので「まともな日記帳を買いましょう」と言う事もなく、まずは無料のメモアプリとかでも良いので書き留めてみることをオススメします。きっと、得をすることはあっても損はしないと思いますよ。

今日は「ウクレレ上達を確実にするメモ活用術」のお話でした。

▼本日の解説動画はコチラ

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.