ウクレレ練習 600日目 上達と継続のルール論

ウクレレ練習を開始して600日が経過しました。毎日、練習をしている中で実感している事があります。それは「ウクレレを独学で上達(継続)するためのシンプルなルールが存在する」という事です。

私にとって600日間のウクレレ練習の日々は、決して平坦に上達し続けたものではありませんでした。伸び悩んだり、苦労したり、逆に驚くほどスイスイ上達が進んだり、、と様々な局面がありました。

その経験から私は「ウクレレ独学の上達速度は迷いが無いときは早く、迷っている時は伸び悩むという1点に収束される。モチベーションもそれに比例する」という持論を持つに至りました。

では「迷いがない状態」とは何でしょうか?
その答えを出すために、まずは「迷いがある状態」について考えてみましょう。

「迷いがある状態」とは言い換えると「曲選びや譜面選びが決まりにくい状況にあるとき」の事です。次に演奏したい曲が定まらない時というのは、イコール「次のステップに悩んでいる時」でもあります。基本的に独学での上達は「楽曲をこなしていく中で、その曲からエッセンスを学ぶもの」ですから「次の曲が定まらない」という事は「自分が目指すべき方向性が見えない」という事でもあるからです。

たとえば、昨今の私は明確に「周期のテンポとアルペジオ」と目標を定めて練習を重ねています。この状態になると、ひたすらそこに意識が向きますから選曲は「アルペジオの譜面でテンポがなるべく単調なもの」しか選びません。そこに、迷いはありません。したがい、上達は加速します。

何故なら、練習する私自身が「これが弾けたらアルペジオが出来る!テンポへの理解が進む!」と明確に意識したうえで、練習に取り組むことができるからです。

逆にテキトーに楽曲を選ぶだけになると、だんだんと(好きに選んで弾いているはずなのに)モチベーションが下がってしまいます。結局、その曲を弾けるようになった時の「上達した自分のイメージ」を見失っているからだと思います。

この悩みは「演奏したい楽曲は何となく大体できる」と言う中級者の入り口くらいからぶつかる壁です。演奏したい曲は弾けているはずなのに、なぜか他人に「上手い!」とは言われない。のような状況が続くと「何が正解なんだっけ?」と、惑うわけです。

初心者の頃はゴールは単純です。弾ける事がイコール成長になるからです。
ですが「とりあえす、演奏ができるようになった」からは、基本的には自分との戦いです。

満足はいつでも出来ますから「自分はどこまで上達したいのだっけ?」と自問するタイミングが必ずやって来ます。そこからの上達に必要なのは取り組むための準備・意識です。明確に目的意識を持って取り組む事が、上達と、続けるためのルールです。中級者の壁に悩んだら「今後の方向性」を見つける事をオススメいたします。

今日は上達と継続のルール論のお話でした。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.