ウクレレ好き必見! 100周年のカマカ工場見学は特別だった(2016)

今回のウクレレパパの旅行が成立したのは「Kamakaが100周年だから」と言っても過言ではなく、妻に何度も説得を重ねた結果、ハワイ行きが幸運にも確定いたしました。そして、ハワイに来てココに行かなければ私が今回ハワイまで足を運んだ意味がありません(笑)

最近は一部の観光ガイドにも掲載されておりますが「カマカの工場ツアー(カマカファクトリーツアー)」は無料で当日にフリー参加できるイベントです(工場見学は火曜日〜金曜日の10時30分に実施されます。)。カマカの工場はアラモアナからダウンタウンに抜ける途中にあります。通常の観光フローに乗っていないので①ホテルからタクシーを手配するか、②レンタカーで行くか、③バスで行くかですね。今回の私はなんと今話題の④「Uber」で行きましたが(これが最も効率的で便利だった)。

※Uberの使い方はこちらのページからご確認いただけます(ご利用は自己責任でお願いいたします)。

さて、ご説明をしてくださるのは前ビジネス・マネージャーだったフレッド・カマカ氏。御歳今年で92歳になるとの事ですが非常に元気なお方でございました。店の中はとても狭いので「外でお待ちなさい」くらいの感じですが10時20分くらいには説明が始まってしまうので5分前には店内にいた方が良いかも。説明は全編英語で行われます。

入店して説明が始まる前後に、サウンドホールを開けた時に使った木片で作った「工場見学の記念品」がもらえます。100周年の今年はオリジナルシール付きでした!

なぜ、私が2枚も持っているのかの理由は後述

なぜ、私が2枚も持っているのかの理由は後述

最初の30分(10時半〜11時くらい)はフレッド氏によるウクレレの歴史、カマカの歴史の話などが行われます。写真や100年前のウクレレを取り出しながらの実演は年季が入った説明と言う事もあって、英語が苦手な方でも相応には楽しめると思います。個人的に面白かったのは当時のウクレレと今のウクレレを開放弦のまま弾いてみて「音が高度になっていますよね?」と聴かせてくれるところ。これは聴き比べていてもハッキリ音の進化を感じることが出来ます。音色は一緒だけど伸び方や「箱鳴り」が違う感じですね。

お元気に説明のご様子

今年92歳のフレッド・カマカ氏による説明の様子

一通り説明が終わって11時ごろになると、店の裏手にある工場の見学が行われます。ゾロゾロと移動。カマカでは現在、年間4,000本のウクレレが製造されているそうです(という事は100周年のロットもそのくらいかな〜と)。機械化の技術革新もあり、年間の製造本数は伸びた一方で、木材の高騰があり、価格的には値上がりもしていると、まあザックリそういう感じのお話が展開されました。

説明用のサンプルで丁寧に説明(一部触らせてもらえます)

説明用のサンプルで丁寧に説明(一部触らせてもらえます)

説明はウクレレの製作工程を順番に追いかけてくれるので分かりやすいです。
「自分が持っているカマカはこうやって出来たのか」とかしみじみしながら、説明に聞き入っていると今年しか見られない光景にバッタリ。

100周年記念ロゴがズラリ(圧巻!)

今年モデル限定の100周年記念ロゴがズラリ(圧巻!)

工場での説明が終わると解散になり帰られる方もおりますが、個人的にはショップに戻ることを強くオススメします。まず、今年は「100周年記念CDの販売」があります。なんと今回は買ったその場でフレッド・カマカ氏がサインを入れてくれました。

これはカナリ嬉しい

これはカナリ嬉しい

その他にも100周年記念デザインTシャツが1着20ドルで販売されております。

ちなみに、Tシャツを購入するついでにカマカ氏にサインをお願いしたり、一緒に写真を撮影を依頼して快諾されていた方も。ご高齢なので、あくまでもご好意に甘えるものですが、これは一生の記念になります。私もCDと、Tシャツ(着る用と、飾る用(サイン入り)と、100周年記念スマホケース(コア材で出来ている)と、写真も一緒に撮らせて頂いて……と、どんだけなのだ私は(笑)

Tシャツにもサインをいただき(便乗してスイマセン)

Tシャツにもサインをいただき(便乗してスイマセン)

 

コア材で出来たスマホケースを入手(飾り用かな)隣は記念水筒とのこと

コア材で出来たスマホケースを入手(飾り用かな)隣は記念水筒とのこと

かくして、すっかり「カマカファン」の私がアホほど大人買いをした事もあってか、ショップの方が特別にオマケとして2枚目の「サイズ違いサウンドホール」をくださった訳でございます。帰りも「Uber」で市内までサクッと移動。いやあ、このUberってのも凄まじいアプリ(システム)ですね。※Uberの事は別記事で説明予定です。

ちなみに、私が563日目のハワイ演奏で着ているアロハシャツは、フレッド氏が説明の時に着ていたものと同じデザインのものです。カマカ工場で購入出来る限定色(ホントこれに弱い 笑)は映像にありますベージュ。その他にはネイビーとレッドがあり、こちらはアラモアナショッピングセンターで購入出来るとのことです。

ハワイにお立ち寄りのさいは「カマカ工場見学ツアー」、家庭内決済が降りなくても(笑)アラモアナショッピングセンターでKamakaのアロハシャツ探し(118ドル)なんてのもウクレレ好きならアリですね。という事で今日はカマカの工場見学ツアーのお話でした。

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.