カマカがウクレレの王様と呼ばれる本当の理由

本日、Kamakaのコンサートサイズを入手しました。HB−2Dと呼ばれるベルシェイプのハイエンド・コンサートサイズのモデルで、コーティングに使用されたであろうニスの香りがほのかに残る、2016年限定ロゴ入りのバッキバキの新品のウクレレです(喜)

カマカを手にするまでは私は「カマカはウクレレの王様なんだから、それはもう感涙するような音が出て他を寄せ付けないのだろう」と思っておりました。

ですから「カマカを使ったら、今所持している他のウクレレは全部埃を被るのではないか」とまで考えながら(これまでお世話になったGodin MultiUkeに申し訳ない気持ちもありつつ)、今回Kamakaの100周年モデルを手にしました。

ところが、演奏してみてスグにこの考え方は「間違っていた事」に気がつきました。
一方で「カマカは確かに王様だ」と思った事も真実です。

では、何が間違っていたのでしょう?
これねえ、本当に無意識にそうなったので笑っちゃったのですが。

私、いま「即興で何かソロを弾いて」って言われたら下記のリストがあるんですね。

▼日本でよく演奏していた即興で弾ける曲
①ルパン三世のテーマ’78(ジャカソロ)
②カイマナ・ヒラ
③ラヴィン・ユー
④コーヒー・ルンバ(ジャカソロ)
⑤アロハ・エ・コモマイ
⑥クレイジーG(ジャカソロ)
⑦ミッキー・マウス マーチ(ジャカソロ)
⑧となりのトトロ

この順番は、たまたまハワイに経つ2日前に、Godinでよく演奏する楽曲を日記に無意識に(多分、思いついた順なので演奏の頻度順に)ならべた下記のリストを元に作っているので間違いないはずなんです。

▼558日目の日記より抜粋
今回ばかりは新しい譜面には行かずに、今日は総括という感じで色々弾き流しておりました。「ルパン三世のテーマ」、「カイマナヒラ」、「ラヴィン・ユー」、「コーヒー・ルンバ」、「アロハ・エ・コモマイ」、「クレイジーG」など、コレまでのウクレレ活動で評判の良かった名曲たちでございます。

ところが、今日ハワイで「手元にKamakaしかない状態」で演奏した楽曲は以下の順番になってしまいました。

①クレイジーG(ジャカソロ)
②カイマナヒラ
③ルパン三世のテーマ’78(ジャカソロ)
④コーヒー・ルンバ(ジャカソロ)
⑤アロハ・エ・コモマイ

Kamakaを演奏してのファーストインプレッションは「あ、コロコロと音がして凄いハワイっぽい!」と思いました。そのまま、イメージの通りに何本か曲を演奏したら自然にこうなっちゃったんです。クレイジーGなんて、日本にいるときは「たま〜に演奏する程度」だったのに今日はその鳴りがエライ気に入ってしまって弾きまくっています。コロコロ音が走る感じが弾いていて最高に心地よいんです。

結論、思ったこと。

カマカは「音が涙が出るほど素晴らしい」は、少し違う。
カマカが出す音は「これ以上無くハワイっぽい」のだ。

だから、ロコ(現地の人)はウクレレの事をカマカと呼ぶ。それは「カマカが最高!」という意味なのだけど「最高な音で何でも演奏できる」では無くて「最高にハワイアンにマッチする」という意味なのだと。

そう考えると「カマカがウクレレの王様である理由」に説明がつくんです。「なんで、猫も杓子もカマカっていう風潮なんだろう」って正直思っていたのですよ。でも「それがハワイアンに最高に合うから」という理由は、よく考えたらとてつも無く自然な事なんですね。完全に見落としていましたが、、。

確かに日本の琴とか三味線に置き換えたら、正月のアレとかをギターで弾いたら興ざめするのと同じ理屈なんでしょうね(笑)

そうなると「GodinのMultiUkeは異端」と楽器店の店員が言っていた理由もわかります。MultiUkeは完全に「ギター寄り」だから、ウクレレとしては異端なのでしょう。「楽器としてのハッキリとした鳴り・音の良さ」を取りに行く事で「ウクレレの持つコロコロ感」を相殺しているのだろうと、ココにきてやっと気がつきました。

でも、それに気がつけたのは「今だから」なのかなと思います。これだけ色々な種類の楽曲を演奏できるようになった自分だから、その違いに気がつけたのかなと。だから、いま手にすることができて、本当に良かったです。

「日本に戻ったらGodinはLow-Gにして活路を見出す」くらいのことも考えていたのですが、案外High-Gで共存してしまうかもしれません。もちろん、メインはKamakaになると思いますけど、Godinの持つ「ギターっぽさ」もこうなってくると貴重なんですよね。

今日は、私が思う「カマカがウクレレの王様である理由」のお話でした。

▼あわせて読みたい
ハワイでウクレレをお土産に! オススメの現地ショップ4選

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.