【まとめ 】60日間でルパン三世を(ある程度)弾くには

「楽器を始めたい人」の全員がそう思っていると思うのですが、

別に「ルパン」じゃなくても良いのですが。何か目標にしている同レベルの曲目があって、それを「楽器は小学校のリコーダーしか知らん」みたいな人が「弾くために何日かかるんですか?」を実行したら60日で「そこそこ」でした。

「60日間でジェイク・シマブクロになる」は不可能領域ですが。

「60日で”まあまあ”」にはなれるみたいです。

で今回は、この60日間分の日記を整理・分解してみました。
すると、以下のような感じでした。

足跡60日

自分で整理していてすごくビックリしたのは、
思っていたよりも遥かに「基礎練習の時間が長い」と言う事。

「ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本」は、3章完了までほぼ「基礎」の積み上げですし、同時並行の基礎トレーニングの本でも基礎を積み上げました「60日目にルパンを~」と言っても「基礎をいかに楽しんで乗り越えていくか」が、キーになりそうです(結局4章に進んでやっといろいろ道が開けましたし)。ちなみに僕が使っている教則本はもちろんオススメします。

ちなみに、趣味引退(疎遠)の危機は私の場合基本線そんなになかったですが、あえて言うと2回ありました。それが赤い線の部分。

1回目は10時間~20時間のところ。このタイミングは「簡単そうに見えることができない」時期で、ルパンみたいなものは「一生俺には弾けそうにない」と知ってしまったが故に絶望している時期です(笑)

目標が雲の上に見えている段階なので「1年後に弾けたらいいや」くらいの軽いノリで乗り切りました。

そのあと、いきなり世界が広がって楽しくなる一方で2回目の危機が。

ここはすでに「ウクレレが楽しい段階」なのですが、うまく表現できませんが、基礎のトンネルの出口付近で「テキスト(教則本)の譜面がいきなり難しくなる」という事と「理想が近そうなのに、実は遠い」という2点だと思います。

この段階はいきなり進行速度がガクンと落ちるのですが、コツコツ積み上げるしかありません。それを越えれば45日以降くらいで再び楽になってきます。

60日目くらいだと今の所、ウクレレが他のすべてに優先される「趣味」になっているので、早々やめることはないと思いますが、今後も継続して実力をアップしていきたいです。

▼ここまでの練習本

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.