ウクレレを最短で上達するために必要な練習は? 質問への回答

今回は「具体的にどんな練習をすると早く上達できますか?」という質問を頂きました。

「最短で上達をしたい」と考えた時に「必要な練習を必要な分だけ行う」のが理想的な事は確かです。私も「上達する練習だけをしたい」と考えた時期がありました。

しかし、今となっては実は(初心者の頃の)この考え方は、まさに「下手の考え休むに似たり」だったなあと反省しています。「ためした事すら無いものの効率性」をいくら求めても、机上の空論でしか無いと痛感したためです。

結局、中級者になるまでは「とりあえず、必要そうな事はやってみる」くらいの意識の方が良いと思います。

言い換えると「走りながら考える」という事ですね。しかし「それだと、何をすべきかすら、わかりません!」と言う声が出てくる事も間違いありません。

では、一緒に考えてみましょう。

「何が、あなたにとって必要な練習」なのでしょうか?
それは、人によっての得手不得手に関係しますから、ひと口に断定する事は出来ませんよね。

だからこそ、それに気付くためにも、私はあなたが「最初に教則本に触れること」をオススメします。教則本に載っている事を80パーセント出来たら、もうあなたは中級者以上だからです。

教則本に触れた結果、スイスイ進む項目も伸び悩む項目もある事でしょう。しかし、どのような進捗であれ、教則本全体を通せば「課題曲が演奏できたらレベルアップもしている」と言う結果は変わりません。それが教則本の価値です。

もし、私が最初の質問への回答を強いて行うなら「あなたが信じて取り組める練習なら、上達が早くなると思います」と答えます。

効能もわからず取り組む練習ほど無意味なものはありません。
本気で取り組む事が出来ないからです。

中級者以上になれば、その練習から「得られる効果」を経験から何となく予測出来るようになります。したがって、そこに意識を向けて取り組む事が出来るのですが、ウクレレ初心者の頃は経験則が無いのでそれができません。だから、教本をなぞって経験を積むのです。テレビゲームで言うチュートリアルみたいなものです。

くれぐれも、上達を焦らないでください。練習はウソをつきません。正しい道を地道に積み重ねる事こそが、遠回りに見えて最善の最短ルートだという事をお伝え出来れば幸いです。

▼あわせて読みたい
【決定版】僕がウクレレ中級者になるまでに使った教則本10選(〜200日目)

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.