ウクレレ独学でどうしても解らない事があるときの対処法

私自身、ウクレレ独学を行う中で、これまで何度も「どーしてもココが解らない!」となったケースは結構ありまして、たとえば昨今だと「ウクレレのアンプ構成のヒントになるサイトは無いのかっ!?」とか、ちょっと前だと「リズム感を鍛えるために参考になる練習方法とかないのかっ!?」とか、基本は教わっているものの、どうしてもその場で解決したい機微な疑問に悩む事があります。

実は、そういう時に簡単に解決のヒントを見つける方法があります。
それは「ギターのサイトを調べて理論の代用が出来ないかを考える」事です。

そもそも、ウクレレはギターの4弦までを5フレットで押さえているものを抜き出している状態なので、コードはともかく他の部分では、そこまで大きな差は出ません。ですから、ギター関連の情報の中には、案外「ウクレレに流用できるヒント」みたいなものが実はポンと落ちている場合があって、そういう視点でギターの情報を拾い始めてみると、課題の解決に近づくケースも多いわけです。

しかも、ギター関連サイトは、その演奏人口の多さから「飽和している」と言えるほど存在しており、色々な方が色々な表現方法で情報を並べてくれているので、情報の取捨選択には困らないんですね。

私のように「ウクレレから入って、ウクレレしか弾けません」というタイプの人間は珍しいかもしれませんが、ギターの理論に学ぶことは多く、意外な発見をすることもしばしばあります。ですので「ウクレレに詰まったらギターまで広げて調べる」と言う事も有効だということを覚えておくと、ウクレレ独学の苦労をある程度は低減できると思います。ぜひ、活用してみてください。

今日は、ウクレレ独学を助けるヒントのお話でした。

 

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.