ウクレレ日記 41〜50日目 コツコツ積み上げ

[2015-03-06] 41日目

昨日は家の諸事情で早めに仕事から帰った事もあって、用事を済ませた後は時間ができた。週末にどのくらい時間が使えるかも見えなかったのでクレイジーGの録画をする事にした。

最初にこの曲の見本を聴いた時、たしか凄く「こんなのムリだ」と思った記憶がある。
そこから数えて10日くらいだが、まあまあ及第点になった事は素直に嬉しい。

毎回録画をすると必ず大きな修正点を見つける。今回は右手の弦の弾きかた、力加減を工夫した。人差し指にこだわらず色々試して人差し指に戻す。指を軽く弾く程度にすると都合が良い。

この奏法を会得したのは個人的に大きい。
50日目にはお楽しみの一曲に寄り道しようと思う。その後はアルペジオできらきら星を弾きたい。
————————————–
[2015-03-07] 42日目

クレイジーGの演奏が終わったあたりから50日目記念の練習本格化しようとしていたのだが、そもそもこの楽曲に最初に触れたのは30日目くらい。着手してから結構な期間があったこともあって、おそらくそこまで長い時間を必要としない予感がしている。教則本は3章に入ったが「きらきら星」「スカボロー・フェア」の練習も時間を取れたし、4章の「コンドルは飛んでいく」もトライできた。とにかく出来ることの幅が広がっているせいか20日目までの苦戦がウソのように1章序盤の勢いで進行している。となると、50日目までの進行が加速しそうなので、スケジュールを引き直しつつ、コツコツと努力を続けたい。
————————————–
[2015-03-08] 43日目

50日目までいろいろ調整しようと思ったが、どんどん進める勢いなので30日目くらいからコツコツ練習していたキャッツアイのテーマを公開(演奏動画にアップ済)。正直、もうちょっと詰めていけば若干は精度が上がるかもしればいが、いまはそこに注力するよりも前に進んだほうがいいと思ったこともあり。

この曲を選んだのは30日くらいの時点で「ちょっと背伸びをしてどうにか届きそう」だったから。そういう意味ではルパン三世のテーマは現時点でそのポジションに当たる。たぶん100日目くらいにはなんとか弾けるんじゃないかと期待している(とは言え精度はしれたものだが)。

ウクレレっていう楽器は、自分が楽しめればそれでいいんじゃないかと思う。この曲を練習しているときに妻も随分鼻歌を歌っていた「おい、そこのウィゲッチュおじさんや」とかバカにもされたが、それでも1曲こうしてちゃんと弾けると「あーやっとここまで来たんだな」と思うし、ここに到達するまでの時間は当初思っていたよりもずっと短い(1年以上は余裕でかかると思っていた)。

これで来週からまたテキストに立ち返ってガンガン進行できる。そして、密かにルパン三世のテーマの練習も開始したい。まだ、ほかにも耳をすませばのカントリーロードやらなんやら弾きたい曲は山のようにある。1個ずつ潰していきたい。

ちなみに、今回のキャッツアイのテーマのタブ譜は、下記のテキストから頂いた。この教則本の新盤が、先日発売されたのだが、なんと残念cat’s-eyeのテーマは抜け落ちてしまっている。
こういう事があるから欲しい本は先に買ったほうが良いと改めて思った。
————————————–
[2015-03-09] 44日目

ちょっと疲れが抜けない週の頭。あんまり弾きこむと週の頭から疲れてしまうので軽めに、きらきら星、スカボロー・フェア、コンドルは飛んで行く(おまけでルパン三世のテーマ)を練習。何度も弾きこむことでコードを頭の中に入れる作業をまず行う。指の動きはコードを覚えた後に色々試すと「つながりやすい」運び方を見つけられることを体感したつもり。

最近はどの指をどこに置くという教則本の指示は(参考にするものの)そこまで厳密に従わないことにしている。自分の場合、セーハがそんなに苦痛ではないので、セーハをなるべく使って全体的に楽になれば良いと思っている。そういう意味では、先日のキャッツアイや、今チャレンジしようとしているルパン三世なんかも「ちょっと原本と違う」指の動きが実はあったりする。上級者からみれば「音ズレ」のようなものを感じるかもしれないが、自分的にはリズムを崩壊させないことが第一だし、別に「コンクールに出て正しく弾く」ことが目的ではないので、それでいいと思っている。

自分にとって弾きやすく、かつ、楽しくを心がけたい。
————————————–
[2015-03-10] 45日目

先日アップした「cat’s-eye」について某楽器をしている友人から「もっとうまくやれるだろう」と40点の採点を頂いた。正直、「挑戦ないところに進歩なし」なので、あの時点で公表したものが聞いている人に受け入れられるかの是非はさておき「ウクレレ開始から独学6週間でこうなります」という一つの指標になっているのだからそれでいいと思う。

まあ、何よりも「楽器未経験」としか思われていなかった私が「人様に見せるならもっと聴かせられるものにしろ」と「ウクレレ奏者」として40点の採点を頂けたのだから好意的に捉えていいと思う。どうせ、大局的に見れば楽器は上達することはあっても下手になるわけがないのだし。

とはいえ友人のアドバイスもなかなか的を射ていて「ウクレレだから楽しければいいんです」と逃げ口上になりそうなところをうまく塞いでくれたわけなので、初心に帰って「きらきら星」をジックリ弾きこむことに今日は時間を使った。左の指の先はスッカリ硬くなっていて、練習してきた成果を感じることができる。

ゆっくり弾くというのはミスが目立つから非常に難しい。今週末は間違いなく「きらきら星」なのだが、このウクレレ音がそもそも良いので、キッチリ弾いてかの友人への汚名返上もしておきたいところだ。とは言え、競争でもなし、今できる最善を常に頑張ればいいと思う。楽しみながらジックリ力をつけていこう。
————————————–
[2015-03-11] 46日目

最近全然気がついてなかったのだが、よく考えてみると我が家のリビングのテレビは娘の機嫌をとるためのDVDなどに占拠されている。ああこれがチャンネル争いに父親が負けるってやつだな〜とか思いつつ実は全然気にしていない。なぜなら、私の手にはウクレレがあるからだ。

今日は早めに帰ってこれたので基礎トレーニング「もっと上手くなりたい人のためのウクレレ・トレーニング」から練習。指を広げてコードを押さえる「フィンガー・ストレッチ」トレーニングの中に「カエルの歌」にそっくりなメロディがあったので、それを改変して娘と「カエルの歌」を歌いながらトレーニングも兼ねていた。まさに一石二鳥。

そのあとは、きらきら星とスカボロー・フェア、ルパン三世のテーマを少し練習。
ルパン三世のテーマは100時間には間に合いそうだが、相当時間が掛かりそう。
————————————–
[2015-03-12] 47日目

今日は、きらきら星、スカボロー・フェア、ルパン三世の練習を継続。最近「1時間だけ練習しよう」と思って2時間近く練習することが増えている気がする、一時期、15分しか練習できない日々があったが、その辺りの不足分を補い始めている印象。日数はあてにできるけど、時間は日数イコールじゃなくなってきたかも。

これまでの感覚だと毎週平日を練習に当てて休日に録画しているので、正味の練習期間は平日のみ。前週から次の曲も触っているので合算で1曲あたり10日ほど練習している事になる。練習中は結構同じ曲ばっかり弾いている印象で、飽きがこないために色々弾いているけど、意外に1曲あたりの練習期間は短いかも。

週末から録画になるので、そろそろきらきら星を形にしに行こうと思う。
————————————–
[2015-03-14] 48日目

金曜日の夜は、腕の疲れも感じていたのであえて何もせず睡眠。土曜日は娘が寝ている合間を縫ってとにかく「きらきら星」を録画した。今回は演奏動画の方にも感想を書いたが、ものすごく苦労した。やっぱりこういうシンプルな曲こそ難しいと実感する。それと自分がいかに「ごまかし」て来たのかも。

納得するまで弾き込んでみると、全然上手くいかない。悪戦苦闘しながら何度も挑戦する。最後の方は右手も左手も人差し指が(特に左手なんて硬くなっているはずなのに)痛みが伴っていた。単音のミスでゲームオーバーなので正直「しんどい」と思った時間もあったのだが、ウクレレ元来の音が非常に良いこともあって、その「心地よい鳴り」に「もう少し頑張ってみよう」と非常に助けられた。

出来としては決して満足しきっているものではないが及第点だとは思う。
次回からは、どんどん音楽の演奏らしくなってくるので楽しんで上達したい。
————————————–
[2015-03-15] 49日目

昨日から指の痛みが残っておりGodinでの練習は軽めに。スカボロー・フェアを何度か弾いた後は休息に務める。少しでも練習できないかなあと思っていると、VOX(サイレントウクレレ)が目に。ああそうだと思って今日はVOXで練習。思った通り、弦がゴダンより軽く、痛みが全然ない。音が出ないだけだと思っていたが、ここでもメリットがある事に気がつけた。使い分けて練習しようと思う。

演奏の面では先日、会社でウクレレをやっている同僚(最近判明した)にかねてからの疑問「音が出ないジャカジャカってどうやるの?」と聞いたところ(その人はスクールに行っていることもあり)すんなり回答が出てきた。
「軽く押さえて弾くことかなあ」と言われ、試してみたところ、だいたい正解だった模様。ルパン三世のテーマでは取り入れてみようと思う。やっぱり独学だと技術論からは入れないので、情報収集することでケアしたい。
スクールの話も聞いてみたが、合う合わないや、曲選の好みなどもあるようなので、やっぱり面倒そうだ。自分は独学を継続していきたい。
————————————–
[2015-03-16] 50日目

節目となる50日目はほとんど練習が出来ない日だった。結局、0時を過ぎてから少しサイレントウクレレに触った程度だ。
とりあえずコードの運びを覚えるためにスカボローフェアとルパン三世を2〜3回練習。指の運びを、確認しながら弾いておしまい。

今日は正味15分程度。練習時間が少なかったとしても積み上げる事が上達に繋がると思っているのでコツコツ続けよう。

 

▼50日目までの練習本

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.