ウクレレレッスン.009 ジャカソロでメロディが消えないための手法と練習法

受講日:2016/06/25

先日のレッスンでは、いよいよ完成となったルパン三世のテーマ’78と、ジャカソロの成果として「不思議なじゅもん」を先生にお披露目した訳ですが、ジャカソロの成果がある程度でているものの、やはりプロの耳からの指摘で厳しいなあと思ったのは「和音の中のメロディ」のお話です。

ジャカソロとはコードの中にメロディがある譜面を演奏する訳でして、当然の事ながら4つの弦を鳴らしますよね。だけど、一般的にはこの4つの弦から出ている音のうちいわゆる「メロディライン」は1つの弦からしか鳴っていない訳です。

先生曰く、理想の考え方として「やっぱりジャカソロであってもメロディが引き立つことが大事」と言うご指導を頂いておりまして、でも「4つの弦をストロークするのに、結果的にどうやってメロディだけ立たせるのだ」という事の回答を述べますと、まず「どの弦がメロディ」なのか?を正しく把握する事です。

ジャカソロって全体のジャカジャカで覚えてしまうので、その4つの弦の中の「どの弦が」メロディかを把握することで、本来強調すべき音が「どの弦か」が分かるんですね。一般的に有効な方法は過去のレッスンで習った「ウクレレレッスン.003 ウクレレをゆっくり演奏する」にも記載されていますが、ゆっくりと運指を確認し、 加えて、1本1本の弦を確かめることで、正しいメロディを追いかけることができます。

「音を確かめるためにゆっくり弾く」と言う行程が終わった後は、いよいよメロディを立たせるストロークが重要になってきますが、(調べてみると分かりますが)ジャカソロ(人差し指ストロークの場面)ならば基本的にメロディはそのほとんが1弦、ないしは4弦に集約されていたのではないでしょうか?この場合、1にせよ4にせよ、ストロークを「最低限その弦だけにでも当てる」ように斜めに入れることで、メロディを立たせる事ができます(結果、逆側にある弦の音が殺されたとしてもです)(仮に2弦や3弦だった場合でも同様の処理で解決はできると思います)。

つまり、ジャカソロで「メロディが行方不明になる原因」はメロディラインが飛ぶからなので、少し大げさであっても、メロディをしっかりストロークするという事が「聴かせる演奏」に寄与してくる訳ですね。そういう細かい調整を演奏の中で行う事で、よりメロディが引き立つジャカソロが演奏できるとの事でした。練習を深化させたいと思います。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.