当サイトの「ウクレレ書籍レビュー」の最も役立つ読み方・使い方

書籍のレビューって1人でやっている以上早々ブレないだろうとか思っていたのですが「これは案外難しいものだな」と最近思っています。なぜか? 理由は実にシンプルです。

たとえば、あなたが小学校6年生だった時に、自分が小学校1年生の時に使っていた国語の教科書をどうしていたかと言うと「用済み」だったと思うんです。ウクレレの教則本もそういう感じで「もうこれだと物足りない」というタイミングが(上達に反比例して)絶対来てしまいます。

つまり、本人にとっての「必要な情報」は刻々と変化してしまうんですね。

それこそは成長の証左なので、歓迎すべきことだと思います。一方で、来年の私が「初心者の本」を見て「これはいい!」という事は出来ますが、そこに「本当の初心者目線のリアル」はきっと無いことでしょう。

だから、私のレビューが最も参考になる読み方は、レビュー記事の「投稿日」や「演奏日」が重要になるんだろうなって思います。その当時の私が真剣に評価した結果のものが、いまの私と正直、「若干だが意見が食い違う」ところもあるのですが(それが「使えないと思っていたものが使えるようになった」なら直しますが)当時、素直に出している感想は(演奏をした直後だったりすることもあって)そのレベルにいる人(たとえば初心者)にとってはきっと役に立つんじゃないかなあと思います。

実力値という意味では「目線の高さ」が一緒のはずなんですよね(初心者が「これ役にたつよ!」と初心者に言うことが一番リアリティがあると思います)。

今後、書籍レビューには、今まで評価していなかったような本がポンポンと入ると思います。ただ、それは練習日を積み上げた「今の」私が、その時点で「良い」と思った本なので、過去の感想とは違う。そういうことも含めて楽しめるレビューにできたらなあと思います。

ちなみに、なんでそんな事を思ったかと言うと、私は元々「High-G」になんとなく限界を感じて「Low-G」に移ったタイプの人間で、当時は「何で世の中のウクレレは最初からLow-Gで売られていないんだ」とか思っていたほどなのですが。。(笑)

いまは真逆で「やっぱりウクレレはHigh-Gしかありえない」とか思い直したりしていてですね(笑)そこに至った経緯というか理由は色々あるのですが、そういうのって「その時のレベルとか好みで思い直しちゃうような話」なので、ちょっと余談ぽいですが書き残しておきます(ちなみにどちらも体験しておいて良かったと思っています。好みが分かれる話でしょうし)。

どちらにせよ全てが「(そのタイミングでは)本心から思ったレビュー(使用感)」なのは間違いないので、その点はご安心ください。

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.