ウクレレを趣味にして続けるための「モチベーション」のつくり方

当サイトを閲覧頂いているあなたは(1)趣味を探しているか、(2)楽器を演奏したいと検討しているか、(3)ウクレレを今より上手くなりたいか、のいずれかに分類されると思っているのですが(違うモチベーションがあったらお気軽に教えてください)、そのいずれの方にも共通する大切な事が「上達するモチベーションを作り出すこと」だと思います。

これは「勢い」でも良いですし、「ノリ」でも良いですし、「他人へのコミットメント」で自分を追い込んでも良いですし、つまり人によって達成するためのアプローチは違うと考えています。

しかし、何にせよ共通して持っていた方がモチベーションが作りやすいよ!という項目がひとつあります。

それが「納得感」だと私は思っています。

以前より当サイト内のさまざまな記事で書いてきましたが、結局上達するためには基礎練習を地道に積み上げる時間が必要です。頭でっかちにコードを覚える必要は(実は)あんまり無いのですが、まあそういう余分なものを排除しても覚えるべき必要最低限の基礎はありますよね。

で、そういう練習が継続するためにはやっぱり何よりも「自分が本気で(その練習が)必要だと思っているか?」(つまり納得感)が凄く重要で、それが無いと「頭では必要と分かっているんですけど、やる気が起きないんですよ」となってしまうと思います。

実は、個人的には「別に、やる気が出ないならやらんでも良いんじゃないですか。趣味ですし。死にはしませんよ!」というくらいゆる~い感じで取り組んでいます。前向きに考えるための思考法の話とかも書いていますが、人間「やらない理由を探しましょう!」と言った瞬間、バカみたいに理由は出てきてしまうので(笑)、そういった時は「NOの消し込み」をすると前に進みやすいかなと思います。

たとえば、私も数々の疑問・不安にぶつかり、自分なりに納得しています(下記はほんの一例)。

納得した項目
お金はかかりません。1人で出来ます。左利きだけど大丈夫でした。楽器未経験でも大丈夫でした。スクール不要で中級者にはなれます。マンションでも大丈夫な方法があります。最適な教本もわかります。等々。

と言うことで「モチベーションってどうやってる作るの?」の答えは「取り組むにあたっての疑問や不安を全部出して、ひとつひとつ納得してみてください」が答えかなと思います。そういった疑問は「考えない」よりも「考えた結果、納得した」方が人間は力が発揮しやすいはずなので、恐れずにぜひ試してみて頂くと良いんじゃないかなーと思います。

合わせて読みたい
ウクレレの練習をする気力が起きる「思うだけ」思考論

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.