ウクレレの練習をする気力が起きる「思うだけ」思考論

私は、毎日の練習のうち、実際に身についている時間は半分以下だと思っています。
それでも、無理やりにでも「毎日触れること」は必要である。と、強く考えています。

なぜ、1日15分だけでもウクレレに触った方が良いのか?
クタクタになりながらも毎日コツコツ触れるとどうなるのか?

今日は、その事について述べてみます。

論拠はストレッチジムの先生との会話から生まれました。
僕は、もともと運動が大嫌いな出不精でした。そこで、ストレッジジムに行った時に運動をしたほうが良いと言う先生に、

「頭では走ったほうがいいとわかっていますが、走りたくありません」
と、素直に無茶振りをしてみると先生が言いました。

先生「では、朝起きて窓から外を見て天気が良かったらこう思ってください。こんな日に走ったら気持ち良いだろうな〜!!」

先生、ここからがすごい。

先生「でも、実際には走らなくて良いです」
僕「はい?」

先生続けます。

先生「そのまま、何週間かそういう日々を過ごしてください。もし走りたくなったら、靴でもはいて近所のコンビニまで散歩でもしましょう。でも、無理に走る必要はありません」

僕「……で、どうなるんですか?」
先生「そのうち分かります(ニヤリ)」

という事で、青い空を見ては「走ったら気持ち良いだろうな!」と思うところから開始し、朝のコンビニまでの散歩も「空気がおいしいな!」とか考えるようにしました。

すると、3ヶ月後、僕はある日急に「走ろう!」と行動に出ていました。
本当に自分でビックリしました。

いつの間にか「走ること」に対してポジティブに考えるようになっていたんです。「きっと楽しい」と。

ここに物事に共通する思考に関するヒントがあると思っています。つまり、自分の中の意識「走りたくない」を変えるのは、やっぱり自分の意識「走りたい」なんですね。完全に脳を騙しに行っていますが(笑)

さて、話を演奏に戻しましょう。

「なぜ、1日15分だけでもウクレレに触った方が良いのか?」

僕は、先生のこの話をウクレレの練習に応用しています。なるべく触る、真面目な練習じゃなくても良い、好きな楽曲を2〜3回演奏するだけでも良い、最悪、「練習したいなあ」と思うだけでも良い。

最初は「本当に意味があるのかなこれ」「明日はちゃんと弾こう」「もっと練習したいな」「今日は全然ダメだ」などなど、時間のない中では、いろいろな感想があると思うんですけど、とりあえず触っているだけでも「これで良いのだ」だと思ってみましょう。

そうすると、どこかで体調のバイオリズムと、やる気(心)のバイオリズムが一致する日って言うのが必ず来ます。

そんな時、ウクレレに毎日触れていると、本気の練習にサッと集中していけます。これは自分の経験談として述べています。

なぜか?

実は、その理由は「日頃練習を重ねていたから」ではありません。「日頃から心構え(準備)が出来ていたから」の側面の方が強いと、僕は思っています。

得てして、そういうタイミングから「弾ける喜び」みたいなものが生まれ、練習がうまく継続するようになります。実際問題、私も人間ですから、今でも「練習をやりたくない日」も当然あるのですが(笑)それでも「申し訳程度」だったとしても、触れることが次に繋がるのは分かっているので、続けています。

結果は当サイトに残っている通りですしね。

皆さんも、もし「練習する気力が起きない」と悩んでいたら、ぜひ「思うだけでも思考法」を実践してみてください。

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.