書籍よサラバ! 楽譜の管理は自炊+アプリが最強にはかどるぞ!

はい。今回は最近ハマっている楽譜の電子管理のお話。

ある程度演奏力がついて楽曲をこなせるようになってくると、特にお気に入りの楽曲が2曲、3曲と増えていきます。これ自体はすごく嬉しいのですが、僕は当初すごく困っていた事があって、それが楽譜(Tab譜)の管理の問題でした。それまでは「気に入った譜面の本は全部持ち歩く」とかやっていたんですけど、まあ、それって結局書籍になっちゃうので重いですし、汚れたらこれも嫌ですし、結構、家のあちらこちらに(持ち歩くから)楽譜本がとっちらかっちゃって「なんだかなあ」でした。

かといって持ち歩かないと、不意に運指を(一部分だけ)「あれ、なんだっけ」とか忘れて「確認しなきゃ」とか思った時に、わざわざ本棚まで取りに行くのがすごく面倒。とは言え(せっかく覚えたのに)そのまま抜けちゃうのもいかにも勿体無い。

そこで「なんか良い管理方法ないのかねえ」と調べたらあるじゃないですか。
それが、楽譜の自炊(PDFにすること)とファイル共有ソフトでの楽譜管理でした。

まず楽譜の自炊ですが、購入した楽譜であれば自分で使う分には問題がない。自炊と言うとなんだか大量のスキャンが必要になるんじゃないか?とか考えるんですけど、よく考えると1曲なら、楽譜なんて多くても「見開き2枚」くらいなもんでした。それに、楽譜を自炊するなら「弾けるやつだけ」にすれば、一冊まるまる抜く必要もないから、裁断とかは不要で欲しい見開きを「えいっ」ってスキャンするだけで良い。

それなら家庭用コピー機のスキャナー機能で十分よろしい。付属のソフトなどでウイーンと読み取って1つのファイルに繋げば、あっという間に「PDF楽譜」が出来上がります。

今度はそれをEvernoteやDropboxのような「ファイル自己共有ソフト」に入れ込んであげると、スマホでもPCでもいつでも楽譜を読み返せる。これが本当に便利!! 1から覚えるには「画面が小さい」とかあるんですけど、すでに覚えた曲を備忘録くらいに使う(ワンフレーズ思い出すとか)にはこれで必要十分だという事をしみじみ実感しています。

正直、今回の記事は全体を通していかにも「普通のお話」なんですけど、書いている以上にはかどっていて、僕はいま「自分が弾ける曲」が増えるごとにスキャンして登録して行っています。やっぱり覚える曲が10以上になってくると「あれ?」とか昔の曲の1フレーズだけ運指が抜けちゃうことがあるんですけど、備忘録としては最高の機能だと思いますし、ファイルが増えるってことはイコール楽曲を覚えているってことなので、なんか「俺の弾ける楽曲また増えたぜい」みたいな「マイ楽曲レパートリー辞典」を作っているような楽しみもあります! あと本棚がいつも整頓されていて綺麗です(笑)

と言うことで「教本や楽譜があふれそうだ!!」なっているアナタ!
ぜひお試しください! 本当に便利ですよ!

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.