左利きの人 ウクレレはどうする?

実は筆者がウクレレを始めるときに相当悩んだことがある。
学生時代、ギターをはじめることを諦めた理由はコレでもある。

実は筆者は生来「左利き」なのである。

 ギターなどの弦楽器は右利き用に作られているため、構えたときに左手がコードの動きになる。これがどうしても個人的にしっくりこなくて、逆に弦を張ったり、逆さまに持ったり、(そうすると覚えるコードも逆さまになったりで)我慢して右利き用で弾くなど様々な左利きの先人の様子を見ては「すげー面倒くさそう」と心から思った。で、余計にやる気がなくなっていた。

世の中右利き用に作りすぎである。

ただ、筆者は幸い? (親が気づかずに)右でハサミを教えてくれたものだから、箸は左。筆記は左(ただし習字は右)。ハサミは右。ボールを投げるのは右。と擬似両利きみたいになっている。正しくは、元来左利きの人間に(ハサミのような)力仕事を右で教わったものだから「細かいことは左。力を入れるのは右」みたいなおかしな状態になっただけで、やっぱり左手のほうが心地よいのは確かなのである。

そんなこんなだからいろいろ調べてみるのだが、そういう人間にとって右利きの人が言う「左利きでも右で覚えちゃえば一緒だ」みたいな軽率な発言は正直、「じゃあてめーが左で弾いてみろ」と何度思ったか覚えていない(笑) とにかく、ものすごい違和感があるのである。この感覚は右利きの人に「左で文字書けばいいじゃん。左で箸もって飯くってみてよ」というのと同じ。 「簡単に言うな!」と思うのが自然で、実際問題これが相当なハードルだった。

で、そうは言っても意を決してまあ失敗してもいいや的な感じで、

 今回ウクレレを何もアレンジせず右利きのやつをフツーに購入して、弦も張り替えずに頑張ってみた。

結論を書こう。私は右利き用でいいです(笑)

結局左手がコードを覚えるので細かい動きが必要。それが左利きにとっては都合がいい。

「左利きでも右で覚えちゃえば一緒だ」は正しい。と私も思った。

世の左利き諸氏の背中を押せれば幸いである。

入門愛機

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.