【まとめ】独学ウクレレを初めるためのマストアイテム5選

これから「ウクレレを始めたい」けどオススメが分からなかったり、何を買ったら良いのか、幾らかかるのか?  と言う疑問に答えるお話。筆者が200日で「中級者」になるまでに大活躍したアイテムをまとめて紹介します。

という事で早速紹介しましょう。

■必須アイテム
(1)ウクレレ本体        10,000円〜
(2)チューナー            約1,000円
(3)初心者向け教則本   約2,700円
(4)ミニコードブック    約500円
(5)目標となるtab譜  約2,700円

という事でやろうと思えば2万円以内でウクレレはスタート出来ます。
さて、以下マストアイテムの内容を見ていきましょう。

(1)ウクレレ

ウクレレ本体は好きな「鳴り」の物を選べばOKですが、安物はチューニングが馬鹿になり易いのでオススメしません。10,000円以上はかけた方が良いです。マンションなどで演奏するならサイレントという選択肢もアリです。初心者のうちは、周りにとって「耳障り」という事もありえます。あまり周りを気にしたくないですよね。

・【計測】サイレントウクレレは本当に静かなのか試してみた
・マンションで夜に練習する私が選んだウクレレ

(2)チューナー

チューニングをしなければウクレレは弾けません。チューナーは何でも良いですが、僕の使っている奴は分かりやすくてhigh-Gもlow-Gも対応しているので便利です。ハイとかローとかって何だ? と思う人は「いずれ興味を持つかもしれないので対応モデルの方が良いよ」とだけここでは書いておきます。

・音色を知らない初心者がチューニングする方法

(3)初心者用の教則本

ウクレレを弾くに当たっては演奏スタイルもやりたい事も人それぞれなので一概に「コレが正解です」と言うのはありませんが、僕が初心者の頃に勢いに任せて買った40冊の教則本からオススメの一冊を選ぶとしたら下記です。僕は初心者の時期をこの一冊だけで駆け抜けました。

・ウクレレ教則本を素早くモノにするたった2つのコツ
・【ウクレレ本 評価】No.001 ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本

(4)ミニコードブック

僕は「コードなんぞ、いつか覚えれば良いでしょ」と素で思っていますし、それでも演奏は出来るのですが、それでもコードブックは必須アイテムです。なんで? かと言うとコードブックをコードを覚えるために使うのではなく「コードの押さえ方を調べるため」に使うからです。辞書みたいなものですね。

・初心者のあなたに贈る「コード」の話
・【ウクレレ本 評価】No.009 ポケット版 ウクレレコードブック

(5)目標となるtab譜

上達を志す者にとって、目標も理想も大事です。その理由は以下の別記事にまとめてありますが、難易度にこだわらず「いつか弾きたい」その曲の本は買ってしまいましょう。

・「難しい楽譜」はスグに買う方が上達が早い論
・あなたのウクレレ練習が続かない理由と処方箋

以上、独学ウクレレで上達するためのマストアイテム5選でした。

 

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。



■スポンサードリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

▼当サイト内人気記事の紹介(1)
▼当サイト内人気記事の紹介(2)

その他の人気記事

ウクレレ初心者からの上達日記はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。プログラムで得た収益は当サイトの運営費、ウクレレ独学に関連する書籍購入代(レビュー用の再投資)などに使用いたします。
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.